高齢者と不眠症

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

高齢者と不眠症

高齢者と不眠症のイメージ

日本人は5人に1人が不眠症と言われていますが、60歳以上の高齢者に限定すると、3人に1人が不眠症だと言われます。本来、高齢者の睡眠時間が減るということは自然なことで何の問題もありません。まず、高齢者というのはどうしても日中の活動量が減ります。そのため、疲労回復のための睡眠というのは若いころよりも減って当然ですので、単に睡眠時間が減るだけでは不眠症ではありません。しかし、日中の活動が減ることによって、日中の体温も低くなりがちです。人間は、体温が下がる過程でメラトニンという睡眠を促すホルモンが多く分泌されるのですが、日中の体温があまり上がらないことで体温があまり下がらなくなります。そのため、メラトニンの分泌量が減って寝つきが悪くなります。また、単に日中にやることがなくて昼寝をしてしまうということもあります。

不眠に直結する病気としては、睡眠時無呼吸症候群、むずむず脚症候群、周期性四肢運動障害などがありますが、これらの病気は高齢者ほど多いです。その他にも、頻尿によって夜中に目が覚めてしまったり、さまざまな体の不調が眠りを妨げてしまうことがあります。

あわせてよみたい不眠症の知識

更年期と不眠症

産後不眠症

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ