更年期と不眠症

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

更年期と不眠症

更年期と不眠症のイメージ

女性の更年期にはさまざまな障害が生じますが、その中には不眠症も挙げられます。卵巣の衰えによって、早朝覚醒や眠りが浅くなることが多くなります。また、手足の冷えで眠れなかったり、夜間に急なのぼせや寝汗で目を覚ましてしまうこともあります。更年期障害では、精神的にも不安定になります。そうした精神面の影響も重なると、不眠症がかなり強くなってしまうことがあります。

一方、更年期にも今までと同様の睡眠がとれているというデータもあります。しかし、それでも眠れていないという意識を持ってしまうようです。それは、1つは更年期を境に女性ホルモンが減少し、眠りに対する欲求が高まることが原因と考えられます。女性ホルモンには、多少の不眠に耐えられるように心身の抵抗力を高めてくれているのです。また、若いころと比べて睡眠時間が短いことが自然であるにも関わらず、今までの睡眠時間が取れないと眠れていない、と思い込んでしまうこともあるようです。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症と手足の痙攣

高齢者と不眠症

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ