季節と不眠症

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

季節と不眠症

季節と不眠症のイメージ

季節というのは、睡眠と密接な関係があります。そのため、季節ごとに不眠症になりやすい、もしくはそう感じてしまうことがあります。まず、人間の体内時計というのは、日照時間に大きく影響をうけます。そのため、自然と冬には睡眠時間が長くなり、夏には睡眠時間が短くなります。このことを自覚していないと、夏場に眠れない、不眠症になってしまったと思い込んでしまうことがあります。

また、日照時間の変化と気温の変化にはタイムラグがあります。日照時間のピークは6月ですが、気温のピークは7月か8月でしょう。日照時間の短い時期、寒い時期も同様のタイムラグがあります。しかし、現代社会では日照時間よりも気温などの気候に合わせて生活リズムを作る傾向にあります。そのため、たとえば8月、9月というのは少しずつ体が長い睡眠時間を欲してくるのですが、まだまだ暑いため生活リズムを変えようとはしません。そうしているうちに体内時計が狂ってしまい不眠症になるということがあります。

気温の変化の季節、いわゆる季節の変わり目も不眠症になりやすい時期です。それは、体温調節などがうまくいかなかったり、寝具の調整がうまくいかなったりすることにより、寝つきが悪くなってしまったり、眠りが浅くなってしまうのです。

あわせてよみたい不眠症の知識

早寝早起きのススメ

不眠症と高血圧

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ