早寝早起きのススメ

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

早寝早起きのススメ

早寝早起きのススメのイメージ

最近では24時間営業のお店やテレビの深夜番組の影響もあって、生活様式が変化し、夜型人間が急増しています。ここ20年あまりの期間に、日本人の平均起床時間が30分近くも遅くなっているといわれています。夜型生活が身について、年々遅起き化が進んでいるのです。

しかし、人間本来の体の仕組みは数十年で変わるということはありません。睡眠と覚醒のリズムをつくる担い手として「自律神経」というものがあります。この自律神経は、体を必要に応じて活発に活動させる交感神経と、休養させる副交感神経があります。普通、夜間は副交感神経が強くなり、体はリラックスして眠くなります。明け方近くになると、交感神経が活発になり、体温や血圧が上昇して目覚めに至ります。ですが、この生体リズムを無視して夜中まで起きていると、夜遅くまで交感神経が休息できないので、そのうちに自律神経の切り替えがスムーズにできなくなってしまうのです。

自律神経の乱れは、不眠症を引き起こすだけなく、自律神経失調症やうつ病、内蔵機能低下による胃腸障害などの様々な病気を招く原因となります。

これらの症状に対しては、規則正しい早起きな生活にすることで改善することが可能です。副交感神経と交感神経が切り替わるのが午前5時ごろなので、この時間帯に起床すれば、肉体的にも精神的にも健康になることができます。

急に朝5時起床に変えるのは難しいかと思います。なので、起床時間を30~1時間ずつ早め、それを1周間続けてみてください。次の週は更に30分~1時間ずつ早めて、徐々に5時起床に近づけるのです。

不眠症の人や夜ふかし族の人が早く寝ようとしても、なかなか寝付けないかもしれません。その場合には、無理に寝ようとするより、決めた時間に起きることを徹底するようにしましょう。

実際に朝早型にすると気持ちがいいものです。例えば、自分の好きな趣味に興じるにしても、日中の仕事で疲れた体と脳を夜中に無理やりに働かして行なうよりも、朝早く起きてまだ心身ともストレスを受けていない状態で行なうのでは全く充実感が違います。世の成功者と言われている人の多くは、朝4~5時に起床する朝方生活をしているとよく聞きます。そして、重要な仕事こそ心身ともに充実している朝にこなしているそうです。早起き生活にすることで、不眠解消だけでなく、プライベート及び仕事も充実したものにすることができます。

あわせてよみたい不眠症の知識

ストレスや緊張が原因の不眠症

季節と不眠症

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ