音楽セラピー

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

音楽セラピー

音楽セラピーのイメージ

音楽というのは、人間に様々な影響を与えますが、不眠症の改善も期待できます。クラシックやオルゴールなどの静かな音は、ほとんどの人の副交感神経を刺激し、リラックスさせる効果があります。クラシックの中には激しい音楽もありますが、モーツァルトは特にリラックスしやすいようです。モーツァルトの音楽の特徴は、3500ヘルツ以上の高周波が多く含まれていて、この高周波が副交感神経を効果的に刺激してくれます。さらに"1/f揺らぎ"というリズムが一般的に人間を癒すリズムなのですが、モーツァルトの音楽はこの1/f揺らぎを持っています。また、子守唄は世界各地に古くからありますが、これも副交感神経を刺激する音楽です。

逆に、テンポの速い曲調や、激しい音楽は交感神経を刺激してしまいますので、日中であれば問題ありませんが、就寝前には控えた方が良いでしょう。また、どんなに穏やかな音楽であったとしても、大音量では副交感神経よりも交感神経を刺激してしまいます。音量には十分に注意しましょう。

あわせてよみたい不眠症の知識

健康な体をつくる快眠ポイント

不眠症に効くお茶

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ