運動の効果

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

運動の効果

運動の効果のイメージ

不眠症の解消には運動が効果的です。運動で疲れると眠くなる、というのは誰もが経験したことがあるでしょう。しかし、人によっては疲れすぎて眠れない、というのも経験しているかもしれません。これはどちらも正しく、運動や疲れの質の問題です。

良い眠りを誘うためには、就寝時間の数時間前にウォーキングやストレッチなどで有酸素運動をすることがおすすめです。実は良い眠りを誘うのは、疲れではなく体温の変化なのです。人間は体温が下がっていく時に眠気を感じるようになっています。そのため、有酸素運動で適度に体温を上げると、数時間後にはその上がった体温が下がっていくことで眠くなるのです。就寝時間の直前では、体温が上がったままですし、早すぎれば就寝時間の前に眠気のピークが来てしまい、かえって生活リズムを崩してしまうかもしれません。

疲れすぎて眠れない、というのは主に交感神経の高ぶりが原因です。激しい運動をしてしまうとこうなってしまいます。眠りの要素というのは体温だけではありません。リラックスして、副交感神経が働いている状態が眠りやすい状態ですので、激しい運動は不眠症にとって逆効果と言えます。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症とアルコールの関係

健康な体をつくる快眠ポイント

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ