不眠症とアルコールの関係

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症とアルコールの関係

不眠症とアルコールの関係のイメージ

アルコールを飲むと良く眠れる、と実感している方は多いでしょう。確かに、寝つきが良くなるのは確かです。しかし、それが良く眠れているのかというと、そうではない場合がほとんどです。場合によっては、就寝前の飲酒の習慣が不眠症を引き起こしてしまうことがあります。

アルコールを摂取するとなぜ寝つきが良くなるのか、それはアルコールによって中枢神経の働きが抑制されてリラックスできるからです。しかし、アルコールによる中枢神経の抑制作用は、継続していくことで耐性が付いてしまいます。つまり、習慣化してしまうと、アルコールの摂取量を増やしていかなければいけないということです。それでは、なぜよく眠れているとは言えないのかというと、まずは体内でアルコールが分解されてできる物質であるアセトアルデヒドに毒性があるということが挙げられます。アルコールに強いかどうかというのは、実はアルコールの耐性というよりも、このアセトアルデヒドの分解能力の強さなのです。ただし、アセトアルデヒドの分解能力が強かろうと弱かろうと、寝ている間にこの毒性によって体は刺激を受けてしまいます。そのため、眠りが浅くなってしまうのです。さらに、アルコールにある利尿作用がさらに眠りの質を悪くします。場合によっては夜中に何度も起きてしまうかもしれません。

最も良くないのが、寝つきを良くするためにアルコールを摂取し続けてしまうことです。耐性がついてしまうので日々アルコールの摂取量を増やさなければいけないのですが、そうするとアルコール依存症になってしまう可能性があります。たまになら構いませんが、寝るためにアルコールを摂取するというのには十分に注意しましょう。

あわせてよみたい不眠症の知識

アロマで不眠症を解消

運動の効果

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ