不眠症を食べ物で予防・改善する

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症を食べ物で予防・改善する

不眠症を食べ物で予防・改善するのイメージ

不眠症というのは、その原因となっているものを取り除かないと治らないやっかいな症状です。しかし、生活習慣に気をつけることで不眠症を予防したり、改善したりすることはできます。

気をつけるべき生活習慣に食べ物が挙げられます。たとえば、不眠の原因がストレスであれば、ストレスを抑えてくれるカルシウムを多く含んだ牛乳や小魚は効果的です。また、牛乳にはセロトニンという成分が含まれていて、このセロトニンは脳を眠りへ導く作用があるため、寝る前に牛乳を飲むと眠りやすくなります。他にも、メラトニンという成分は体内時計を調整し寝る時間を脳に知らせてくれるのですが、これはご飯やトウモロコシ、カイワレ大根などに多く含まれています。

また、食べる時間も重要です。寝る直前の食事というのは、胃腸に負担をかけてしまうため安眠を妨げてしまいます。脂っぽいものを食べ過ぎてもやはり胃腸に負担がかかってしまいますので、夕食では気をつけなればいけません。絶対に避けなければいけないのは、コーヒーやお茶などカフェインの含まれたものです。カフェインは脳を覚醒させてしまいます。同じように、実はタバコにも脳を刺激する作用があります。夜のタバコは安眠を妨げてしまうのです。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症の薬

ツボで不眠症を改善

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ