不眠症の薬

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症の薬

不眠症の薬のイメージ

不眠症で処方される睡眠薬というのは、眠れない、という症状を改善させる対症療法のための薬です。けっして、不眠症の原因そのものを改善してくれるわけではありません。そのため、不眠症の薬のことを良く知って、長期間薬に依存しないようにしましょう。

不眠症で処方される主な睡眠薬は、ベンゾジアゼピン系と非ベンゾジアゼピン系と呼ばれるものです。睡眠薬には他にもバルビツール酸系、非バルビツール酸系のものもあるのですが、こちらは依存性や耐性が付き易いため、不眠症にはあまり処方されないようです。

睡眠薬はその効果の持続時間によって4つに区分されます。超短時間型(ハルシオン、アモバン、ルネスタなど)、短時間型(デパス、レンドルミン、リスミーなど)、中間型(ユーロジン、ベンザリン、ロヒプノールなど)、長時間型(ソメリンなど)の4つです。これから、不眠症の症状により使い分けられます。寝つきが悪いのであれば短時間のものを、眠りがずっと浅かったり、朝早く起きてしまうのであれば長時間のものを使います。

睡眠薬には、強くはありませんが副作用がありますので、用法、用量は正しく使わなければありません。翌朝に眠気やふらつき、だるさなどが残ってしまうことがありますので、車の運転はできれば避けるようにしましょう。

あわせてよみたい不眠症の知識

ストレス性睡眠障害

不眠症を食べ物で予防・改善する

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ