ストレス性睡眠障害

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

ストレス性睡眠障害

ストレス性睡眠障害のイメージ

環境の変化や、日常生活中のイライラや緊張、不安、葛藤などは、ストレスとなって自律神経を興奮させやすくし、ストレス性睡眠障害の原因となります。大抵のストレッサー(ストレスの原因となっている事象)は一過性のもので、新しい環境にも慣れ、ストレスの元となった問題が解決されれば、ストレスはなくなり不眠も収まります。

しかし、ストレスの原因となる経験が激烈だったり、更年期などで患者本人のストレスに対抗する力が弱まっていたり、一過性の不眠に誤った対処法をとったりしていると、慢性の不眠症に移行する可能性もあるので注意が必要です。安易にアルコールに頼って寝ようとすれば、逆に睡眠の質を低下させたり、中途覚醒を起こしたりと逆効果です。寝れないからといって深夜まで起きていたりすると、生活のリズムが乱れて、日常生活に悪影響を及ぼすようになり、更にストレスを抱え込むようになります。

まずは、原因となったストレスは何なのか思い返してみましょう。家庭、仕事、人間関係などいろんな方面から考えてみてください。ストレッサーとして思い当たるとことが、それに対して少しでも負担が軽くなるように、解決策を考えてください。ストレスの対象を根本的に変えることが無理な場合でも、親しい友人や家族に話を聞いてもらうだけでも、随分とストレスが軽くなることも多いです。

現代社会でストレスを完全に避けて生きていくことは不可能です。眠れなくても、起床時間は守り、朝の光を浴びて、可能な限り規則正しい生活を送りましょう。眠いからといって、長時間の昼寝をとると夜に寝付けなくなり、睡眠と覚醒のリズムを崩して、不眠を悪化させます。

自分だけで無理をしないで、不眠症状が辛い場合には、かかりつけの内科、精神科や睡眠障害の専門医に診てもらってください。睡眠導入剤をもらったり、ストレスの原因となる問題を相談したり、することで不眠症状の慢性化を防ぐようにしましょう。

あわせてよみたい不眠症の知識

精神整理性不眠

不眠症の薬

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ