睡眠に関わる神経伝達物質の種類2

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

睡眠に関わる神経伝達物質の種類2

睡眠に関わる神経伝達物質の種類2のイメージ

睡眠から覚醒を維持するために存在する、様々な神経伝達物質の続きになります。その1つとして挙げられるのが、「アセチルコリン」です。アセチルコリンは、副交感神経や運動神経の末端より放出されて、神経刺激を伝えます。コリンの酢酸エステル化合物になります。また、「オレキシン」は、1998年に発見された神経ペプチドになります。オレキシンAとオレキシンBが存在し、視床下部外側野にある神経細胞が、このオレキシンを産生しているのです。オレキシンは食欲や報酬系などに関わっており、その他としても睡眠や覚醒を制御することで知られています。オレキシンを生成する神経細胞が消滅することにより、ナルコレプシーという睡眠障害が発生することがあります。睡眠中において、こうした神経伝達物質を産生する神経細胞は、基本的に抑制された状態になります。この抑制は、腹背側視索前野に存在しているGABA(ガンマアミノ酪酸)作動精神系が関係していると言われています。アセチルコリン作動性神経の1部では、レム睡眠の生成にも深く関わっているそうです。

あわせてよみたい不眠症の知識

睡眠に関わる神経伝達物質の種類1

不眠症の解消方法

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ