睡眠に関わる神経伝達物質の種類1

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

睡眠に関わる神経伝達物質の種類1

睡眠に関わる神経伝達物質の種類1のイメージ

睡眠から覚醒を維持するために、様々な神経伝達物質が存在します。まずは、「ノルアドレナリン」です。ノルアドレナリンは、シナプス伝達の間にノルアドレナリン作動性ニューロンから放出されている神経伝達物質、そして副腎から血液に放出されているホルモンとして機能しているもので、ストレスホルモンの1つにもなります。注意と衝動性が制御されている生物において、脳の部分に影響しています。米国では、ノルエピネフリンとして周知されています。また、「セロトニン」は、動植物に広く分布している生理活性アミン・インドールアミンの1種になります。人間の場合では、主として生体リズム、神経内分泌、睡眠、体温調節などに関わっています。必須アミノ酸であるトリプトファンによって産生されています。そして、「ヒスタミン」は、食物から直接的に体内に取り込まれるだけでなく、生体内において合成されています。1910年に、麦角抽出物中の血圧降下物質として、ヘンリー・デールとパトリック・プレイフェア・レイドローによって発見されました。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症を解消するために知っておく睡眠3

睡眠に関わる神経伝達物質の種類2

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ