不眠症から見た睡眠という概念5

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症から見た睡眠という概念5

不眠症から見た睡眠という概念5のイメージ

睡眠をいかにして確保するかという問題は、一生向き合っていくべきものになるでしょう。睡眠のとりやすさにもまた、個体差が存在しています。そして、入眠時における身体状態、精神状態、外部環境に依存する傾向にあるため、睡眠がとりやすかったりとりにくかったりするなど、同一の個体であっても、状態による差が大きいわけです。だからこそ、睡眠を気持ち良く迎えるため、現代には安眠法に関する情報が、いくつも発明されているのです。例えば入眠ニューロンは、体温が上昇することによって、その活動が亢進します。よって、入眠前における入浴、そして入眠時に寝室を暖かくすることは、大変有効だと実証されています。さらに睡眠には、メラトニンが関わってきます。このメラトニンが、脳にある松果体において生成されるためには、起床中に2500ルクス以上の光を浴びる必要があるのです。メラトニンには、メラニン色素細胞の収縮や生殖腺の発達抑制の作用があり、人体においては普通、夜に分泌量が最も多くなり、睡眠を促進する作用があると考えられています。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症から見た睡眠という概念4

不眠症を解消するために知っておく睡眠1

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ