不眠症から見た睡眠という概念4

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症から見た睡眠という概念4

不眠症から見た睡眠という概念4のイメージ

熟睡を促すために効果的な方法の1つとしては、毎日の食事において、炭水化物とたんぱく質であるトリプトファンをしっかり摂取することも必要です。トリプトファンを摂取することは、セロトニンの合成や分泌に繋がり、結果的にメラトニンが生成されるからです。トリプトファンは、アミノ酸の1種であり、側鎖にインドール環を持ち、芳香族アミノ酸に分類されています。また、ショートスリーパーと呼ばれる短眠傾向の人については、稀な例ではありますが、先天的・遺伝的に睡眠時間が短い人間は、実際存在しているそうです。後天的にあえて睡眠時間を縮めることによって、生体のコンディションを維持することは、多くの睡眠専門医の中では不可能だと、既に結論付けられています。ちなみに短眠関連の本を書いている著者のそのほとんどが、睡眠専門医とは全くの無関係なことが多く、本はあくまで机上の空論的要素が多く見受けられるそうです。さらにこれは、最も珍しい例ですが、世の中には全く睡眠をとることない状態で、ほとんど健康体で生活している人が存在しています。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症から見た睡眠という概念3

不眠症から見た睡眠という概念5

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ