不眠症から見た睡眠という概念3

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症から見た睡眠という概念3

不眠症から見た睡眠という概念3のイメージ

不眠症を解消するポイントは、睡眠、つまりより良い質である「熟睡」をする必要があるということです。その手順としては、まず体内時計(生物の体内に備わっていると考えられる時間測定機構)である睡眠サイクルを固定することです。これには特に、起床時刻を同じにすることが重要だと言われています。この体内時計をリセットさせるために効果的だとされているのが、毎日起きる時刻に合わせて、日光を浴びることです。また、しっかりと朝食を取ることによって、末梢までの体内時計をリセットすることが出来るので、日光を浴びた後、1時間以内に朝食にすることがお勧めです。さらに、寝る数時間前において、積極的に運動や入浴をすることにより、体温が上がります。体温が上がると、眠りに付く際に、体温が急激に低下するという現象が起こります。この現象を利用することによって、眠りに入りやすくなるわけです。そして、寝る30分~2時間前から、照明を暗くして、「メラトニン(松果体から分泌されるホルモンであり、メラニン色素細胞の収縮や生殖腺の発達抑制の作用を持つ)」の分泌を促しておきましょう。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症から見た睡眠という概念2

不眠症から見た睡眠という概念4

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ