不眠症から見た睡眠という概念2

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症から見た睡眠という概念2

不眠症から見た睡眠という概念2のイメージ

人間であっても、子供の場合は特に、睡眠を大人に比べて長く必要とします。睡眠不足は、子供の身体能力や学業成績において、大きな影響を及ぼすことになるのです。なぜなら、脳は睡眠中、昼間に体感したり学習した情報から、余計な情報を省いて、効率よく整理して、さらに長期的な感覚や記憶として処理するからです。現代においては、子供たちの学習量は右肩上がりであるのに対して、学んだことを処理するために必要とする睡眠量が、どんどん下がっていることが、社会的にも問題となっています。夜更かしをした翌日、私たちは長時間に渡って睡眠をとることによって、寝不足を解消することが出来ます。しかし、それとは反対に、前日に長時間睡眠して、翌日に睡眠を取らずに長い間覚醒しているというような、寝貯めは出来ないと考えられています。それに加えて、先に述べたような、まとめ寝に関しても、寝不足は解消しても、長時間睡眠によって睡眠の質が下がるという弊害が生じたり、睡眠バランスや体のリズムを崩したりすることから、決して推奨出来る方法ではないとされています。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症から見た睡眠という概念1

不眠症から見た睡眠という概念3

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ