不眠症から見た睡眠という概念1

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症から見た睡眠という概念1

不眠症から見た睡眠という概念1のイメージ

私たち人間にとって、睡眠とは不可欠な要素です。この睡眠が不足した場合、最も影響があるのは、精神活動だと言われています。具体的には、気分、記憶力、集中力の3つになります。つまり、睡眠時間と健康には深い関係があると言えます。統計的に見ても、精神活動における病の代表格ともいうべき「うつ病」は、平均的な睡眠時間が7時間台の人が一番なりにくいと考えられているのです。こと睡眠時間が短い人の場合、血中の食欲を抑える「レプチン(脂肪組織によって作り出されて、エネルギーの取り込みと消費の制御に重要な役割を果たす16kDaのペプチドホルモンであり、食欲と代謝の調節を行う)」が少なく、食欲を増進させる「グレリン(胃から産生されるペプチドホルモンであり、下垂体に働き成長ホルモンのGH分泌を促進して、視床下部に働いて食欲を増進させる働きを持つ)」が多いとも実証されています。その結果、睡眠時間が短くなればなるほど、食欲が亢進しやすくなり、肥満に繋がるというリスクが高くなるわけです。

あわせてよみたい不眠症の知識

睡眠と不眠症の関係3

不眠症から見た睡眠という概念2

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ