睡眠と不眠症の関係3

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

睡眠と不眠症の関係3

睡眠と不眠症の関係3のイメージ

睡眠において、人間を始めとする、「大脳(左右の大脳半球とそれを結ぶ脳梁があって、半球の表面には多数のしわやひだがある脳の主要部分)」が発達した、いくつかの動物においては、この睡眠中に、ある種の幻覚を体験することがあります。これが、夢と言われています。睡眠において、短期的な観点からは、「栄養(生物が必要な物質を外界から摂取して、それを利用して生命活動を営み自らの健康を維持や増進したり、体を構成したりする現象)」の摂取よりも重要なものとされています。ネズミでの実験結果として、完全に睡眠を遮断した場合に、ネズミは約1~2週間で死亡しています。これは、食物を与えなかった場合よりも遥かに短いのです。極端な衰弱と体温調節の不良、そして脳とでは、視床の損傷が生じているわけです。人間の場合であっても、断眠を続けることは、思考能力の低下に繋がり、「妄想(根拠のない有り得ない内容であるにも関わらず、確信を持って事実や論理によって訂正することが出来ない主観的な信念)」や「幻覚(実際に感覚的な刺激や対象がないのに、あるように知覚すること)」が出ることによって、相当の期間を強制的に眠らない状態にすると、死亡に至ると考えられています。

あわせてよみたい不眠症の知識

睡眠と不眠症の関係2

不眠症から見た睡眠という概念1

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ