睡眠と不眠症の関係2

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

睡眠と不眠症の関係2

睡眠と不眠症の関係2のイメージ

人間に必要な睡眠量には、個体差があると言われています。平均的には、7~8時間の場合が多いそうです。アメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴ市郊外のラホヤに位置する州立、男女共学総合大学である「カリフォルニア大学サンディエゴ校」の、ダニエル・クリプキ博士たちによるスリープメディシンに掲載された論文や、愛知県名古屋市千種区不老町に本部を置く日本の国立大学である「名古屋大学医学部大学院」の玉腰暁子氏による研究においては、7時間以上か8時間未満の場合には、平均余命が最も長くなると明らかにされています。睡眠中においての人を含める動物は、刺激に対した反応が、ほとんどなくなります。この段階では、移動や外界の注視などに関する、様々な活動が低下するのです。閉眼して、意味のある精神活動は停止した状態となると一般的には言われていますが、適切な刺激が生じることによって、簡単に覚醒します。このような理由より、睡眠と意識障害とは、全く異質になると思われています。

あわせてよみたい不眠症の知識

睡眠と不眠症の関係1

睡眠と不眠症の関係3

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ