睡眠と不眠症の関係1

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

睡眠と不眠症の関係1

睡眠と不眠症の関係1のイメージ

不眠症という問題を紐解く上で、私たちはまず自身の睡眠について理解することが必要です。「睡眠(すいみん)」とは、眠ることであり、周期的に繰り返して意識を喪失する生理的な状態のことを指します。単純に眠り、と表現することもあります。睡眠は、動物などの身体の動きが止まって、外的刺激に対する反応が著しく低下して、同時に意識も失われていますが、簡単に目覚める状態のことを指します。睡眠には、目的があります。それは心身の休息、記憶の再構成など、高次脳機能にも深く関わっている解明されています。脳下垂体の中でも前部にあたり、多くのホルモンの分泌を行っている内分泌器官「下垂体前葉」においては、睡眠中に2時間~3時間の間隔で、成長ホルモンが分泌されています。その放出間隔は、睡眠によって変化することはありませんが、放出量は多くなります。よって、子供の成長や創傷の治癒、肌の新陳代謝などは、睡眠時に主に促進されるわけです。その他としては、免疫力の向上、ストレスの除去などがあります。しかし、未だに完全には解明されていないのが現状です。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症用語「入眠潜時」とは?2

睡眠と不眠症の関係2

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ