周期性四肢運動障害

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

周期性四肢運動障害

周期性四肢運動障害のイメージ

周期性四肢運動障害は、眠っている間に手やすねのあたりがピクピクと繰り返し動き、そのため眠りが浅くなって、目覚めが悪くなったり、睡眠不足から日中に眠気に襲われる、といった症状がでます。

病状は脚に起こることが多いですが、痙攣は瞬間的に起こることが多く、周囲の人が見て、かろうじて気がつく程度のものから、ふとんをけってしまう位強いものもあります。病状は夜間睡眠の前半から中盤にかけて起こることが多く、明け方には軽くなったり、なくなることもあります。

周期性四肢運動障害は、加齢に伴って起こりやすくなります。日中の起きている時に、手やすねのあたりが痙攣したりする自覚症状があって、日中に眠くてしかたないという場合には、周期性四肢運動障害の可能性もあるので、睡眠専門医に受診してもらいましょう。家族などに睡眠中の様子を観察してもらうと診察の際の参考材料となります。

過労やストレス、カフェインの摂り過ぎは、病状を悪化させるので注意してください。忙しい時ほど、早めに休息をとるようにしましょう。コーヒー、紅茶、栄養ドリンクなどの摂り過ぎにも気をつけてください。頭痛薬を飲むならば、カフェインを含まないものを選ぶようにしましょう。

あわせてよみたい不眠症の知識

睡眠ポリグラフ検査と不眠症の関係5

睡眠薬を使用する際の注意②

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ