睡眠ポリグラフ検査と不眠症の関係3

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

睡眠ポリグラフ検査と不眠症の関係3

睡眠ポリグラフ検査と不眠症の関係3のイメージ

睡眠ポリグラフ検査と不眠症の関係を示す項目として、次に挙げられるのが「過呼吸時・過呼吸後における脳波変化」です。過呼吸時・過呼吸後における脳波変化は、閉眼状態で、2~3秒ごとに1回の頻度で、深呼吸を3分間継続して行い、過呼吸状態の3分間と、過呼吸後にあたる2分間程度の脳波の変化を測定するものです。過呼吸中は、脳波は徐波化して、振幅が増大傾向となります。よって、この徐波の有無に注目して、測定が行われます。心身に病気や障害のない健常者の場合、徐波化に伴った顕著な変化は、ほとんど発生しないと言われています。前述したてんかんの1部においては、過呼吸によって、失神発作や異常波が誘発されることがあります。また、「音による脳波変化」もその1つです。音による脳波変化は、閉眼状態において、拍手などの音に対した脳波の変化を測定します。そして、「単発での睡眠における各ステージの脳波状況」になります。この段階では、入眠潜時の長短・睡眠開始時におけるレム睡眠期の出現の有無・異常波の出現・睡眠中断の原因となる身体異常の有無などが測定されます。

あわせてよみたい不眠症の知識

睡眠ポリグラフ検査と不眠症の関係2

睡眠ポリグラフ検査と不眠症の関係4

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ