睡眠ポリグラフ検査と不眠症の関係2

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

睡眠ポリグラフ検査と不眠症の関係2

睡眠ポリグラフ検査と不眠症の関係2のイメージ

睡眠ポリグラフ検査と不眠症の関係を示す項目として、次に挙げられるのが、「光源点滅刺激時の脳波変化」になります。光源点滅刺激時の脳波変化は、閉眼状態において、顔面から20~30センチ程度の位置で、周期3~30Hz程度から光源を点滅させることにより、その時の脳波変化が測定されます。心身に病気や障害のない健常者の場合、この周期的な点滅刺激に誘導されて、点滅周期と同じか、または調和関係にあるサイクルの波が、優位に出現するとされています。「てんかん」の1部では、光源点滅刺激によって、異常波を誘発することがあります。ちなみに、てんかんとは癲癇と表記され、脳細胞のネットワーク内で生じる、異常な神経活動になります。このてんかん放電のため、てんかん発作をきたす疾患や、その症状全体を指します。WHOによる定義では、てんかんは種々の病因によってもたらされる、慢性の脳疾患になります。大脳ニューロンの過剰な放電によって、由来した反復性の発作が特徴的であり、その変異に富んだ臨床や、検査所見の表出が伴うと言われています。

あわせてよみたい不眠症の知識

睡眠ポリグラフ検査と不眠症の関係1

睡眠ポリグラフ検査と不眠症の関係3

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ