不眠症対策となる睡眠ポリグラフ検査4

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症対策となる睡眠ポリグラフ検査4

不眠症対策となる睡眠ポリグラフ検査4のイメージ

睡眠ポリグラフ検査の種類として次に挙げられるのが、「終夜睡眠ポリグラフ(PSG)検査」です。終夜睡眠ポリグラフ検査を行う場合、1泊2日を要します。これにより、夜間の睡眠を測定するのです。入眠潜時において、睡眠の深さと質、さらには睡眠中断を引き起こす症状である、「睡眠時無呼吸症状(すいみんじむこきゅうしょうこうぐん)」、「むずむず脚症候群」、手脚の瞬間的けいれんを起こす「不随意運動」などの有無がないかどうか、ここで測定されます。睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠時において、呼吸停止か低呼吸になる病気の症状を指します。むずむず脚症候群は、身体末端の不快感や痛みによって、特徴付けられる慢性的な病態になります。別称としては、レストレスレッグス症候群や、下肢静止不能症候群(かしせいしふのうしょうこうぐん)があります。不随意運動は、意思とは無関係に生じる不合理な動作や運動のことを指します。身体バランスの調整や運動においての円滑化に重要な機能を持つ大脳基底核を中心とした、錐体外路が阻害されることによって、異常な筋収縮が発生し、不随意運動が引き起こされるのです。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症対策となる睡眠ポリグラフ検査3

不眠症対策となる睡眠ポリグラフ検査5

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ