不眠症対策となる睡眠ポリグラフ検査3

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症対策となる睡眠ポリグラフ検査3

不眠症対策となる睡眠ポリグラフ検査3のイメージ

不眠症対策に使われる睡眠ポリグラフ検査は、いくつかの種類が存在します。まずは、「脳波(EEG)検査」です。脳波は、脳細胞の活動によって発生する、電位変化を体外に誘導して、増幅・記録したものになります。脳波検査は、日中に行われます。これは、安静(安らかで落ち着いていること)覚醒(目を覚ますこと)閉眼(目を閉じること)時の基礎律動、開眼(よく見えるようにすること)・閉眼時における脳波変化、光源(光を出すもと)点滅刺激時の際の脳波変化、過呼吸(過剰な呼吸を行うことで、体内の炭酸ガスの必要量が減ることにより、アルカローシスの状態をきたす)時や過呼吸後での脳波変化、音による脳波変化、単発での睡眠における各ステージでの脳波状況などを測定するためです。開閉眼時の脳波検査などにおいては、安静覚醒閉眼時とでは異なる状況を作り出すことによって、その前後の脳波変化を読み取り、異常を見出す方法が採用されています。以上の検査を総称して、「賦活(ふかつ、活力を与えることを指し、物質の機能や作用を活発化すること)検査」と呼ばれています。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症対策となる睡眠ポリグラフ検査2

不眠症対策となる睡眠ポリグラフ検査4

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ