不眠症対策となる睡眠ポリグラフ検査2

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症対策となる睡眠ポリグラフ検査2

不眠症対策となる睡眠ポリグラフ検査2のイメージ

睡眠ポリグラフ検査においては、各医療機関において、検査するべき機器や部位、そして項目は変わってきます。具体的には、「脳波(脳細胞の活動によって発生する電位変化を体外に誘導して、増幅・記録したもの)」、「呼吸(生物が生命維持に必要なエネルギーを得るために、酸素を取り入れて養分を分解して、その時に生じた二酸化炭素を排出する現象)」、「四肢(脊椎動物の2対の足)の運動」、「あご(人など動物の口の上下にあって、下の方が動くことにより、食物をかみ砕いたり声を出したりするのに役立つ器官)の運動」、「眼球(脊椎動物の視覚をつかさどる1対の球状の器官)運動」、「心電図(心臓の拍動に伴う心筋の活動電流を記録したもの)」、「酸素飽和度(物体表面の色のあざやかさの度合)」、「胸壁(胸部の外壁)の運動」、「腹壁(腹部の外壁)の運動」、「体位(体格や運動能力・健康状態などを総合して捉えた身体の強さ)」、「体動」、「血圧(血液が動脈血管内を流れている時に示される圧力)」になります。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症対策となる睡眠ポリグラフ検査1

不眠症対策となる睡眠ポリグラフ検査3

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ