不眠症における光療法5

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症における光療法5

不眠症における光療法5のイメージ

季節性情動障害である「冬季うつ病」において、光療法は特に有効だと考えられています。冬季うつ病は、脳・松果体・腸のクロマフィン細胞でトリプトファンから合成され、分泌される神経伝達物質の候補である「セロトニン」が欠乏することによって、受容体の感受性が亢進することが原因であると考えられている、セロトニン仮説が存在します。セロトニンは、血小板に含まれるものとしては、血管を収縮する働きも有しています。高照度の光を長時間浴びることは、これが改善されることによるものだとしています。しかし、軽い躁状態の場合には、躁転する可能性が多分に含まれているので、光治療を避けることも少なくありません。光療法はまた、非季節性情動障害である「非季節性のうつ病」においても、治療に有効であることが実証されています。光療法がうつ病に効果が期待出来るかということは、古来より検討されてきたことです。有効や無効どちらの報告もされており、有効であることの決定的な証拠がなかなか見つからなかったのですが、最新の研究成果によって、その有効性はついに実証されるに至ったのです。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症における光療法4

不眠症対策となる睡眠ポリグラフ検査1

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ