不眠症における光療法4

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症における光療法4

不眠症における光療法4のイメージ

慢性的な睡眠のタイミングに関する概日リズム睡眠障害の1つである「睡眠相前進症候群(すいみんそうぜんしんしょうこうぐん)」は、外部環境に対して、睡眠相が進んだまま遅らせることの出来ない状態と定義されています。睡眠相前進症候群は、DSPSとも言われてており、患者はとても遅い時間に眠りにつく傾向があります。そして結果的に、朝起きることが困難な状況に陥ってしますのです。DSPSの患者は、何時にベッドに入っても、早朝まで眠ることが出来ません。しかし、毎日ほぼ同じ時間に眠ることが可能だとも証明されています。睡眠相前進症候群は一般的に、幼少期から思春期の間に発症するとされています。そして、思春期か成人期の始めになくなると言われています。しかし、この状態が酷くなると、普通に治療は出来ても、治癒はしないそうです。光療法においては、就寝前の時間帯に、高照度の光を浴びることによって、睡眠相を遅らせる効果が得られるとされています。さらには午前中に、サングラスを掛けるなどの方法を行うことによって、意図的に光を浴びる量を減らす治療を併用することもあります。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症における光療法3

不眠症における光療法5

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ