不眠症における光療法2

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症における光療法2

不眠症における光療法2のイメージ

近代において積極的に行われるようになった光療法ですが、実は長い歴史が存在します。その始まりは、精神科医であるノーマン・E・ローゼンタールを含んだ複数人のグループが、季節によって症状が出る時期と、出ない時期があるうつ病患者の研究を行った成果として、1982年に高照度光照射療法として、正式に確立されました。睡眠障害は、非器質性睡眠障害であり、この中でも、概日リズムの障害に基づくと考えられる睡眠障害の1群である「概日リズム睡眠障害」においては、全般的に有効だと考えられています。人間は生物学的に、明るい光を浴びると、体内時計がリセットされる仕組みが備わっています。それに伴い、動物・植物・微生物において見られる天然の化合物であり、動物ではホルモンの1つで、脳の松果腺から分泌される「メラトニン」の分泌が抑制されることによって、一定時間後(大体15時間後)に、再び分泌されるようになっています。メラトニンは、眠気を司っています。この分泌タイミングを、光を使ってコントロールすることにより、外界環境と睡眠相とのずれを補正することを目的としているのが、光療法になります。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症における光療法1

不眠症における光療法3

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ