不眠症における光療法1

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症における光療法1

不眠症における光療法1のイメージ

不眠症に比較的有効な治療方法として、「光療法」が挙げられます。光療法は、入眠・睡眠に何らかの異常のある状態を指す1部の「睡眠障害」や、気分障害の1種であり、抑うつ気分や、不安や焦燥(しょうそう)、精神活動の低下・食欲低下・不眠症などを特徴とする精神疾患である「うつ病」に有効とされている治療法の1種になります。さらに、あらゆる生物機能で見られる時間的周期性である「生体リズム」を整える効果も認められると考えられており、健康法の1種としても用いられることが多くあります。高照度の光を浴びる治療法のことは、「高照度光照射療法(こうしょうどひかりしょうしゃりょうほう)」と呼称されることもありますが、基本的に光を遮ることを治療法に盛り込む場合もこれに含まれるために、光療法はそのどちらも指すとされています。ちなみに生体リズムの狭義的な意味には、外部環境の周期に近い変動現象も含まれています。生体リズムは、体内時計と明暗や気温など外界の同調因子によって、調整されるものと考えられています。

あわせてよみたい不眠症の知識

睡眠障害(不眠症)のための治療法・治療薬

不眠症における光療法2

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ