睡眠障害に含まれる不眠症3

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

睡眠障害に含まれる不眠症3

睡眠障害に含まれる不眠症3のイメージ

睡眠障害の中には、現実逃避型と言われる「起床障害」というものも存在します。また、睡眠障害における分類方法としては、ICSDという睡眠障害国際分類が定められています。疾病及び関連保健問題の国際統計分類においては、死因や疾病の国際的な統計基準として、「WHO(世界保健機関)」によって、正式に公表されたものになります。略称はICDで、死因や疾病の統計などに関する情報を国際的に比較したり、医療機関における診療記録の管理をしたりすることなどに活用されています。ICDでは、睡眠だけに限らない分類が含まれており、日常の臨床場面では、こうした分類を用いるほうが使いやすいと考える専門家も存在します。ICDはそもそも、第1回国際死因分類として、1990年に国際統計協会から制定されて、それ以降10年毎に見直しがなされています。第7版からは、死因だけでなく疾病の分類も加えられて、医療機関における医療記録の管理に使用されるようになったのです。現在の最新版は、1990年の第43回世界保健総会で採択された、第10版になります。これは、ICD―10として周知されています。

あわせてよみたい不眠症の知識

睡眠障害に含まれる不眠症2

疾病及び関連保健問題の国際統計分類の詳細

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ