睡眠障害に含まれる不眠症2

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

睡眠障害に含まれる不眠症2

睡眠障害に含まれる不眠症2のイメージ

睡眠時随伴症の具体例として、金縛り(かなしばり)が主として就寝中か、意識がはっきりしていながらも体を動かすことが出来ない症状を指す「睡眠麻痺」、「周期性四肢運動」、、睡眠した状態で歩き出したり、食物を食べたりする病気である「睡眠関連摂食障害」などが挙げられます。3つめは、「内科・精神科的睡眠障害」です。これは、精神病や不安障害になり、気分障害の1種であり、抑うつ気分や不安・焦燥(しょうそう)、精神活動の低下・食欲低下・不眠症などを特徴とする精神疾患である「うつ病」などに伴う不眠や過眠も含まれています。4つめは、その他の枠組みとして、未だに分類が正確になされていない、短い睡眠時間で健康を保っていられる人間である「短時間睡眠者(ショートスリーパー)」や、睡眠学会の定義による、平均よりも多くの睡眠を取る傾向にある人間を指す「長時間睡眠者(ロングスリーパー)」などになります。人間の1日の平均睡眠時間は、7時間が適切とされています。この根拠としては、平均睡眠時間が7時間の場合に、平均余命が最も長くなると言われているからです。

あわせてよみたい不眠症の知識

睡眠障害に含まれる不眠症1

睡眠障害に含まれる不眠症3

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ