睡眠障害に含まれる不眠症1

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

睡眠障害に含まれる不眠症1

睡眠障害に含まれる不眠症1のイメージ

不眠症は、睡眠障害に含まれます。睡眠障害とは、字が示す通り、入眠や睡眠において、何らかの異常が生じた状態を指します。1990年に発表されている「睡眠障害国際分類(ICSD)」では、睡眠障害を大きな4つの分類にしています。1つめは、「睡眠異常」です。これは、睡眠自体が疾患であることになります。個人が睡眠困難を訴えている状況と定義される「不眠症」、日中において場所や状況を選ばずに起きる、強い眠気の発作を主な症状とする脳疾患である「ナルコレプシー」、睡眠時において呼吸停止や低呼吸になる病気である「睡眠時無呼吸症候群」、慢性的な睡眠のタイミングに関する障害の1つ「睡眠相後退症候群」などが該当します。2つめは、「睡眠時随伴症」です。これは、睡眠中に見られる異常な行動を指します。具体的には、慢性的な睡眠のタイミングに関する障害である「夜驚症(やきょうしょう)」、概ね5~6歳を過ぎても継続的に睡眠中に無意識に排尿してしまう行為が認められる状況を指す「夜尿症(やにょうしょう)」になります。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症とうつの関係

睡眠障害に含まれる不眠症2

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ