不眠症とうつの関係

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症とうつの関係

不眠症とうつの関係のイメージ

うつ病は不眠症の原因となります。不眠症を訴える人の多くは眠れないという自覚を持っているものの、実際にはよく眠れています。しかし、うつ病が原因となっている不眠症の場合は、実際に眠れていないことがほとんどです。医師が実際に観察した例では短期的には眠っている間ですらも脳が睡眠状態になれず、すぐに目が覚めてしまいます。さらに、眠気がないのではなく眠気があるのにもかかわらず眠れないという辛い状態になってしまいます。そうした状況が、焦りを生んでさらに眠れなくなるという悪循環を生み出してしまいます。

こうした不眠症の治療には、薬の力が必要です。睡眠剤や精神安定剤を使って睡眠を促すことはできますが、あくまで原因となっているうつ病を治さない限りは根本的な解決にはなりません。逆に、うつ病を治すことができれば、睡眠剤などは必要なく眠れることでしょう。うつ病を治すには十分な休養や睡眠が大切なのは間違いありませんが、眠らなければいけないという気持ちはうつも不眠症も悪化させてしまいます。眠れなかったら、その分時間を多く使えると前向きにとらえてみてはいかがでしょうか。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症とは

睡眠障害に含まれる不眠症1

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ