市販の睡眠薬について②

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

市販の睡眠薬について②

市販の睡眠薬について②のイメージ

最近では、薬局やドラッグストアなどで、不眠に対する効能をうたった薬が販売されています。その中でも、睡眠改善薬といわれるものには、主に抗ヒスタミン薬が配合されています。

抗ヒスタミンという成分は、抗アレルギー薬や風邪薬などにも使用され、皮膚のかゆみ、くしゃみ、鼻水などを抑制する効果がありますが、副作用として眠くなることがあります。睡眠改善薬は、この眠くなる作用を利用したものなのです。寝つきが悪かったり、眠りが浅いときは、一時的に症状を緩和する効果があります。

しかし、よく効く人と効きにくい人がいるようです。効かないからといって、適量より多めに服用してはいけません。副作用が出ることも考えなければなりません。なかなか効かない場合は、専門医に相談するのが不眠解消への早道となります。

また、ほかの薬を服用している場合は、飲み合わせにも注意してください。妊娠中あるいは妊娠の可能性がある人、授乳中の人は、医師と相談したうえで睡眠薬の服用をしてください。

あわせてよみたい不眠症の知識

特発性過眠症

むずむず脚症候群

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ