睡眠薬の副作用

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

睡眠薬の副作用

睡眠薬の副作用のイメージ

睡眠薬は、いつでも医師の指示に従って服用することが基本です。例えば、よく眠れないからと自己判断で量を増やしたり、逆に効きすぎる気がして量を減らしたりするのは止めましょう。量を変えたい場合には、必ず医師と相談してから決めてください。また、薬の副作用についても把握しておき、心配な症状が出た場合には、早めに医師に相談してください。

 

【睡眠薬の副作用】

①持越し効果

薬の催眠作用が長く続き過ぎると起こります。起きてから頭がぼんやりしたり、眠け、だるさ、ふらつき、脱力感、頭痛などが起こります。高齢になるほど、薬の分解作用が低下しているため起こりやすいです。医師と相談して、薬の量を調整したり、短い作用の薬に変更するといいでしょう。

②記憶障害

服用後、寝付くまでの出来事、睡眠中に起こされた時の出来事、目が覚めてからの出来事など、薬が効いている最中の記憶の一部が抜けることがあります。薬を多量に飲んだり、酒を飲むと起こりやすいです。医師と相談して、薬の量を調整してください。また、服用前後にはお酒は飲まないようにしてください。

③筋弛緩作用

薬の作用が強く出て体に力が入らなくなることがあります。高齢者ほど強く出やすいです。医師と相談して、筋弛緩作用が弱い薬に変更するようにしましょう。

⑤早く目が覚めたり、不安感が強い

薬の効果が早く切れたことで、この症状が起こります。医師と相談して、薬を変更するといいでしょう。

あわせてよみたい不眠症の知識

睡眠薬を使用する際の注意

特発性過眠症

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ