睡眠不足症候群

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

睡眠不足症候群

睡眠不足症候群のイメージ

慢性的な睡眠不足があるのに、これに気づかずに睡眠不足の弊害が出て、三か月以上続いている状態を「睡眠不足症候群」といいます。

睡眠不足症候群では、慢性的な睡眠不足のために、日中の眠気が強くなり体調が悪くなります。午前中は気力でもたせることができても、午後から夕方になるとだんだん頑張りが利かなくなります。また、普段の睡眠時間が短いので、予定のない週末や休暇時になると、睡眠時間が長くなり体調がよくなります。

睡眠不足症候群は、生活パターンが夜型になっている人によくみられます。朝は決まった時間に起きなければならないため、夜遅くまで起きていると、その分、体に必要な睡眠時間が削られてしまいます。原因はわからないが、体がだるかったり、イライラする、注意力が散漫になる、疲れやすいという場合には、睡眠不足症候群の可能性があります。なので、普段の睡眠が足りているか今一度チェックしてみましょう。

睡眠不足が続くと、体によくない負荷が溜まっていくようになります。その溜まっていく負荷を減らしていくには、意識して睡眠時間を確保することが大切です。必要とされる睡眠時間が確保できない場合は、日中に15分程度の仮眠をするなどの工夫をして、負荷を軽減するようにしてください。

あわせてよみたい不眠症の知識

睡眠薬の種類

睡眠時無呼吸症候群

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ