睡眠薬の種類

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

睡眠薬の種類

睡眠薬の種類のイメージ

現在、主として使われているのは、ベンゾジアゼピン系の薬と非ベンゾジアゼピン系の薬です。

ベンゾジアゼピン系の薬には、眠りに導く催眠作用と、気分をほぐす抗不安作用、筋肉をほぐす筋弛緩作用があります。薬の種類によって、その効果は異なります。

不眠に対するこだわりや不安が強い人、頭痛や肩こりがある人には、抗不安作用や筋弛緩作用が強い薬が適しています。不眠に対するこだわりや不安が強くない人、高齢者には、抗不安作用や筋弛緩作用が弱い薬を使用します。

非ベンゾジアゼピン系の薬は、筋弛緩作用や抗不安作用はほとんどありません。

 

【不眠症のタイプ別に適した睡眠薬】

①A :不眠へのこだわりや不安は強くない・脱力、ふらつきやすい・高齢者など+入眠障害がある人

ゾルピデム(マイスリー)、ゾピクロン(アモバン他)

①B:不眠へのこだわりや不安は強くない・脱力、ふらつきやすい・高齢者など+中途覚醒・早朝覚醒がある人

クアゼパム(ドラール)

②A:不眠へのこだわりや不安が強い・頭痛や肩こりがある+入眠障害がある人

トリアゾラム(ハルシオン他)、ブロチゾラム(レンドルミン)、エチゾラム(デパス)

②B:不眠へのこだわりや不安が強い・頭痛や肩こりがある+中途覚醒・早朝覚醒がある人

フルニトラゼパム(サイレース、ロヒプノール)、ニトラゼパム(ネルボン、ベンザリン)、エスタゾラム(ユーロジン)

③A;肝機能障害、腎機能障害がある+入眠障害がある人

ロルメタゼパム(エバミール、ロメラット)

③B:肝機能障害、腎機能障害がある+中途覚醒・早朝覚醒がある人

ロラゼパム(ワイパックス)

あわせてよみたい不眠症の知識

睡眠薬の処方

睡眠不足症候群

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ