睡眠薬の処方

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

睡眠薬の処方

睡眠薬の処方のイメージ

睡眠薬というと、多くのひとはあまりよいイメージをもっていないと思います。「睡眠薬は副作用が怖い」「使うとやめられなくなる」「長くつかうとぼける」などと考えている人も多いです。

たしかに、かつて使われていた睡眠薬は、使い続けているうちにだんだん効きにくくなったり、止めにくくなる、あるいは間違って服用すると生命に関わるものがありました。

しかし、現在主に使われているベンゾジアゼピン系という種類の薬は、以前よく使われていた薬よりも、ずっと安全性の高い薬です。用量を守って正しく服用し、自己判断で止めたりしなければ、確実に効いてきます。また、重大な副作用が少なく、くせになりにくくなっています。

ただし、薬はどんなものでも、効用と裏腹に何らかの副作用があります。なので、特に最初の処方では医師と相談し、できるだけ量を控え、自分と薬の愛称を探りましょう。薬が期待していたより効かなくても、自己判断で中止するのではなく、まずは医師に相談してください。

どうしても薬を使いたくない場合、生活面でできることを正しく改善すると、それでよくなることもあります。できれば、それに越したことはありません。

あわせてよみたい不眠症の知識

睡眠専門医がいる医療機関⑥

睡眠薬の種類

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ