不眠症にはマグネシウムが関係する?

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症にはマグネシウムが関係する?

不眠症にはマグネシウムが関係する?のイメージ

不眠症の原因として挙げられるものの1つに、周期表第2族元素の1種である「マグネシウム(人間を含む動物や植物の代表的な必須元素であるミネラルであり、特に植物の光合成に必要なクロロフィルにおいては、配位結合の中心として不可欠だとされている)」の欠乏やマグネシウムが低レベルに陥ったことによって、引き起こされているという可能性があると考えられています。マグネシウムは、マグネシュームと転訛(てんか、語の本来の発音がなまって変わること)することもあり、酸化マグネシウムやオキソ酸塩の成分としての酸化マグネシウムは、苦い味に由来することから、苦土(くど)とも呼ばれています。しかし不眠とマグネシウムの関係性は、現在までに、医学的には実証されていません。それでも、マグネシウムが含まれた健康的な食事は、睡眠を改善する手助けになることは明示されています。L―アルギニン、L―アスパラギン酸、S―アデノシル、L―ホモシステイン、DSIPと言われるデルタ睡眠誘発ペプチドに関しては、特に不眠症の緩和に役立つ可能性があると言われています。就寝前において、L―グリシンを3グラム程度摂取することが、睡眠の質を改善するという報告も存在しています。

あわせてよみたい不眠症の知識

ホップとビールの関係

睡眠薬を使用する際の注意

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ