ホップとビールの関係

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

ホップとビールの関係

ホップとビールの関係のイメージ

ホップの包葉の基部の中に生じる、黄色の粉末であるルプリンには、アルファ酸であるフムロンが含まれています。これがビール醸造の煮沸工程において、イソアルファ酸と呼ばれるイソフムロンへと変換されるわけです。このイソアルファ酸が、ビールの根幹というべき苦味成分になります。ホップは、ビール以外の目的にも使われます。生薬としても効能があり、健胃や鎮静を有していると言われています。ヨーロッパにおいては、ハーブの1種でありながらも、民間薬としてよく使われているのです。ホップの主成分は、苦味、香り、そしてキサントフモール、イソキサントフモール、8―プレニルナリンゲニンなどの、機能性を有した物質によって構成されています。上記のようなホップを由来とする物質においては、多彩な機能性が科学的にも研究されていて、エストロゲン様作用による更年期障害の改善作用や、睡眠時間の延長作用、鎮静作用、II型糖尿病患者に対してのインスリン感受性の改善作用、胃液の分泌増加作用、イソフムロンの肥満予防効果など、多様な報告が挙げられています。ホップはまた、機能性食品の素材としても、最も注目するべき植物だと言えるでしょう。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症に効くハーブ「ホップ」の特徴3

不眠症にはマグネシウムが関係する?

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ