不眠症に効くハーブ「ホップ」の特徴3

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症に効くハーブ「ホップ」の特徴3

不眠症に効くハーブ「ホップ」の特徴3のイメージ

前項で見てきた通り、こうした過程を経て、ビールにホップが入れられるようになり、それと同時にホップの栽培が広く普及するようになったのです。それから、1516年に、バイエルン公ヴィルヘルム4世によって、ビールは大麦(イネ科の1年草)・ホップ・水だけを原料とするといった「ビール純粋令(現在でも有効な食品に関連する法律として世界最古)」が定められたのです。日本においての栽培は、1877年、明治10年に、北海道開拓使によって、外国から苗を持ち込んで栽培したのがきっかけだと言われています。ホップの栽培は、世界的に見ると、ドイツやアメリカで最も多いとされており、チェコ・イギリス・フランス・中国・スロベニア・南アフリカ・オーストラリア・ニュージーランド・日本などでも行われています。ホップの毬花(きゅうか、裸子植物の松・杉・ヒノキなどの雌花)には、黄色の粒子が存在しており、これはルプリンと呼ばれています。ビールに香りや苦味を付けている物質は、このホップの包葉の基部に生じる黄色の粉末の中に含まれていると言われています。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症に効くハーブ「ホップ」の特徴2

ホップとビールの関係

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ