不眠症に効くハーブ「ホップ」の特徴2

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症に効くハーブ「ホップ」の特徴2

不眠症に効くハーブ「ホップ」の特徴2のイメージ

ホップはまた、エジプトにおいては、薬用に使われていたとも言われています。8世紀に入った頃には、ホップの使用と栽培がドイツで始まりました。それから徐々に、ヨーロッパ各地へと普及していったのです。12世紀になると、ホップはビールの味付け(苦み)に使われ始めるようになりました。それでも、その当時に流行っていたのは、薬草や香草を使用しているグルートビールと呼ばれているものでした。14世紀~15世紀にかけては、ホップビールが有する独特で爽快な苦味や香り、そして日持ちの良さなどが高く評価されることとなり、ここでようやくビールが主流となったのです。認められるようになった理由としては、ホップが持っている香味だけではなかったそうです。香味よりも、ホップを入れてから煮詰めた「麦汁(ばくじゅう、大麦を原料とするビールやウイスキーの醸造の糖化過程において生成される液体のことで、酵母が発酵によってアルコールを生成するために必要な糖を含む)」を使ってビールを造ると、腐りにくいことに加えて、長持ちするということが大きかったと言えるでしょう。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症に効くハーブ「ホップ」の特徴1

不眠症に効くハーブ「ホップ」の特徴3

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ