不眠症に効くハーブ「ホップ」の特徴1

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症に効くハーブ「ホップ」の特徴1

不眠症に効くハーブ「ホップ」の特徴1のイメージ

不眠症に効果的だとされるハーブの1つホップは、以前まではクワ科に属していました。しかし「托葉(たくよう、葉柄やその基部に付く葉状片)」が相互に合着しなかったり、種子に「胚乳(はいにゅう、種子の中にあり、胚を包んで胚の生長に必要な養分を蓄えて供給する組織)」があったりなどの理由から、アサ科へと分類されることになりました。同じアサ科の植物としては、大麻であるカンナビスが存在します。また、同属種としてはカナムグラがあります。前述したような大麻などの種類には、アルファ酸であるフムロン(苦味化学物質の1つ)はないと言われています。ホップの原産は、黒海とカスピ海に挟まれた地域であるカフカスの付近だと推測されています。現在よりも遥かな昔、紀元前という古い時代において、西アジアやヨーロッパの山地で、野生のホップが自生していたと考えられています。紀元前6世紀頃に入ると、メソポタミア地方の新バビロニア王国や、カフカス山脈付近にあるカフカス民族によって、ビールとして野生のホップが使用されていた痕跡が残っています。

あわせてよみたい不眠症の知識

睡眠薬の作用時間別タイプ

不眠症に効くハーブ「ホップ」の特徴2

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ