ビールにも応用されるホップの効果

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

ビールにも応用されるホップの効果

ビールにも応用されるホップの効果のイメージ

ホップに非常によく似た植物として、カラハナソウがあります。カラハナソウは全国の山地に自生していることから、よくホップとして混同されがちです。しかし、全く違う品種というわけでもなく、カラハナソウはホップの変種にあたります。特徴としては、ホップに比べて苦みの成分が少ないことです。一般的なホップは、日本国内では北海道の1部にだけ自生しています。雌雄異株のツル植物であり、ツルの高さは7~12メートルになると言われています。また、多年生植物であることから、1度植えるだけで、その根株は10~30年も引き抜くことなく使用することが出来ます。雌株には、「毬花(きゅうか、裸子植物の松・杉・ヒノキなどの雌花で、1本の軸上に雌しべの基部に胚珠をつけたものが多数あり、球状になっているもの)と呼ばれている、松かさに似た花のような形状のものを付けており、この毬花がビールの原料になるわけです。日本においては、未受精の毬花が主として使われていますが、地域により、受精した毬花もまたビール醸造に使われているそうです。

あわせてよみたい不眠症の知識

ラベンダーの種類とホップについて

睡眠薬の作用時間別タイプ

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ