ラベンダーの種類とホップについて

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

ラベンダーの種類とホップについて

ラベンダーの種類とホップについてのイメージ

ラベンダーは、ヨーロッパの各地で盛んに品種改良が行われていました。また、交雑種が起こりやすい性質にあったことで、その品種名や学名は、かなりの割合で混乱をきたしています。例として、真正ラベンダー、ラバンジン、フリンジド・ラベンダー、フレンチ・ラベンダー、レースラベンダー・ラベンダー、スパイクラベンダー、タスマニアンラベンダー、オーストラリアンラベンダーなどが挙げられます。それに加えて、植物学上の分類においては、同一の品種にあっても、産地によって抽出されるオイルの成分構成や香りが違うことから、生産地名を加えることで区分している場合もあります。さらに、アサ科のつる性多年草であり雌雄異株の「ホップ」という名は、ベルギーのポペリンゲという町で植樹されていたことに由来しています。「毬花(きゅうか、裸子植物の松・杉・ヒノキなどの雌花で、1本の軸上に雌しべの基部に胚珠を付けたものが多数ついていて、球状になっているもの)」は、ビールの原料の1となっています。苦味や香り、それに加えて泡が重要となり、これが雑菌の繁殖を抑えて、ビールの保存性を高める働きをしてくれます。

あわせてよみたい不眠症の知識

ラベンダーの効能と利用法

ビールにも応用されるホップの効果

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ