ラベンダーの効能と利用法

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

ラベンダーの効能と利用法

ラベンダーの効能と利用法のイメージ

シソ科であり背丈の低い常緑樹である「ラベンダー」は、主としてポプリやハーブティー、そしてアロマセラピーや観賞用などにも利用されています。春なると、紫や白、そしてピンク色の花を咲かせるという、様々な品種があることが特徴的です。その中でも、特に紫色の花が私たちには最も身近であり、有名だと言えるでしょう。ラベンダー色とされるものは、薄紫色を意味しているのです。ラベンダーの効能としては、鎮痛や精神安定、防虫や殺菌などと言われています。属名としては、洗うという意味のラテン語に由来しています。その時代のローマ人が、入浴や洗濯をする時に、湯や水にラベンダーを入れることを好んでいたからだと言われています。ラベンダーの利用法として主に挙げられるのが、香料としての芳香剤や、観賞用になります。そして葉だけではなく、花をも食用とされます。チャールズ1世の皇妃であったヘンリエッタ・マリア・オブ・フランスは、ラベンダーの花を刻んでから粉砂糖と混ぜて、ローズウォーターを使ってペースト状に練った砂糖菓子が大好物だったそうです。そしてこれを、ビスケット等に塗って食べていたそうです。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症対策のハーブについて2

ラベンダーの種類とホップについて

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ