不眠症対策のハーブについて1

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症対策のハーブについて1

不眠症対策のハーブについて1のイメージ

不眠症患者の中には、ハーブをその治療方として使っている人たちがいます。オミナエシ科カノコソウ属の多年生植物である「バレリアン」の成分は、肝臓で分解されることから、肝機能不全の患者に使用するべきではないとされています。ナイアシンやニコチン酸、ニコチン酸アミドと一緒に服用してしまうと、特に肝毒性が高まると言われています。このことから、上記の併用は避けることが望ましいと言われています。また、妊娠中の時は、流産の恐れがあるので、絶対に使用してはいけません。妊娠や授乳中の安全性についても、未だ充分な検証データが得られていないので注意が必要です。キク科の1種の耐寒性1年草である「カモミール」の語源は、大地のリンゴという意味のギリシア語名であり、カマイメーロンと言います。その由来は、リンゴの果実に似た香りが花からするからです。また、スペイン語名であるマンサニージャは、リンゴのような香りがあるものという意味になっています。属名のマトリカリアの意味は子宮であり、婦人病の薬としても効果的だということに由来しています。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症に効くハーブ「カモミール」の詳細

不眠症対策のハーブについて2

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ