ハーブは不眠症治療にも使用される3

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

ハーブは不眠症治療にも使用される3

ハーブは不眠症治療にも使用される3のイメージ

ちなみにハーブの1種「カモミール」は、現在ではその薬効性はほとんどないと言われています。しかし、以前はヨーロッパ、特にフランスなどにおいて、薬草として用いられていました。健胃剤や発汗剤、さらには消炎剤や婦人病の薬などにも使われていたそうです。「バンクスの本草書(中世のハーブ研究において有益な情報が集約されている文献)」には、肝臓の痛みや頭痛、そして偏頭痛などに効能があると書かれています。特に、ワインと一緒に飲むと良いともされています。現在では安眠の薬と言われており、乾燥した花にお湯を注いで、降り出したものを飲むことで、リラックスしてよく眠れるそうです。心身の「不定愁訴(ふていしゅうそ、頭が重い・イライラする・疲労感が取れない・よく眠れないなどの何となく体調が悪いという自覚症状を訴えても、検査をしても原因となる病気が見つからない状態のこと)」の解消に役立つとされており、園芸療法として代表的なハーブとして有名です。私たちがよく知る、ハーブティーとしてもティーバッグの形で市販されています。さらにカモミールの花からは、精油を抽出してアロマテラピーに用いることも出来ます。

あわせてよみたい不眠症の知識

ハーブは不眠症治療にも使用される2

不眠症に効くハーブ「カモミール」の詳細

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ