不眠症のための漢方薬3

不眠症の対策や解消法なら!不眠症コムのバナー

不眠症のための漢方薬3

不眠症のための漢方薬3のイメージ

神経症性不眠や神経質性不眠等、神経から症状を伴っている患者の中で、睡眠導入剤への依存傾向が起こりやすい場合には、まず漢方薬が第1の選択肢に選ばれることが多いそうです。既に依存を生じた睡眠導入剤から、漢方薬へと切り替えることは、非常に困難である傾向にありますので、2~4週間以上の時間をあらかじめ設けてから、漢方薬による治療を行うべきだと考えられています。こうした経過を判定するにあたっては、およそ4週間以上を見る必要があるとしています。入眠障害に効果的だとされているのが「黄連解毒湯」で、入眠にこだわることで「輾転反側(てんてんはんそく、悩みや心配のため眠れずに何度も寝返りを打つこと)」するような場合で、体格の良い人に主に使われています。また、入眠障害を有していても、ただじっと横になっているだけで虚弱体質にある人の場合には、「加味帰脾湯」が効果的だとして使われています。逆に熟眠障害の時には、特に疲労が続いている状態で、なぜか頭だけが冴えているような人のために、「酸棗仁湯」が処方される傾向にあります。不安感やイライラなどが特に強いと感じられる場合には、「抑肝散」に効果があると言われています。

あわせてよみたい不眠症の知識

不眠症のための漢方薬2

不眠症に効果的とされる薬

不眠症の方におすすめのサプリ「スヤナイトα」

画期的な睡眠導入方法

PageTop




HOME - 原因 - 漢方,ツボ,東洋医学 - 病院,治療 - 症状 - 総合情報 - - 解消法 - アーカイブ - 相互リンクとお問い合わせ